ミノマイシンというクラミジア治療の薬

ミノマイシンというクラミジア治療の薬

クラミジアは原因となる菌が体内に入り込んで増殖を繰り返すことで炎症を起こします。
そのため、治療においては菌を死滅させることが有効です。
そのため、抗菌薬を使用した治療が選択されます。
クラミジアを治療するための薬のひとつにミノマイシンがあります。
クラミジアだけでなくニキビの治療など細菌が原因の治療に広く使われています。

ミノマイシンを服用することによって細菌の増殖を抑制することができるだけでなく、細菌を死滅させることができます。
クラミジアの原因菌は体内に侵入した後、たんぱく質を作り出しながら増殖をしていきます。
ミノマイシンに含まれている成分には細菌がたんぱく質を作り出すことを阻害する働きがあり、死滅させることができます。
人体を構成している細胞もたんぱく質を作り出していますが、クラミジアの原因菌と人体の細胞では構造が異なるので、人体の細胞には影響を与えないことが特徴です。
そのため、副作用が起きにくい薬です。
ただ、胃の不調が起きやすいことがあります。
これは胃の中の善玉菌も殺菌してしまうからで、服用期間が長くなると症状が起きやすくなります。

ミノマイシンは定められた期間、服用することで効果を発揮します。
服用を開始すると症状が改善していき、無症状となることもあります。
ただ、自己判断で服用を止めないようにすることがポイントです。
症状が出ないだけで細菌が体内に残っている可能性があり、再度増殖をすることが考えられるからです。
医療機関に行き、細菌の死滅が認められるまで服用することです。

ミノマイシンは古くから使用されているのでディバインという名前でジェネリック医薬品として取り扱われていて、通販などでも購入することができます。
ディバインは含まれている成分や効果はミノマイシンと変わらないので、安価に治療をすることができます。
ただ、飲み合わせの問題があるので他の病気がある場合には医療機関を受診することが大事です。

ミノマイシンはクラミジア以外にも効果あり

ミノマイシンは真菌や性病のクラミジア、マイコプラズマなどの細菌が増殖を抑制させ殺菌する効果を期待出来る医薬品です。
また、リンパ管や咽頭、扁桃腺や尿道などの感染症の病気を抑える働きもあります。
そのため、幅広い診療科目で使用される成分です。
効果を期待出来る時間が長いため、1度の服用で十分な効果を期待出来る、他の同種とされる抗生物質よりも高い効果を期待出来るなどの特徴を持っています。
ちなみに、インフルエンザウイルスを初め、一般的な風邪のウイルスなどの細菌に対しての殺菌効果はありません。

クラミジアの治療の中で最も多く利用が行われるのがミノマイシンですが、この医薬品はニキビの治療にも効果を期待出来ると言われています。
1日に1~2回に分けて2錠~4錠を服用、12時間サイクルもくしは24時間サイクルで服用する事、多くの量を飲めば早く治るわけではなく、用法や用量を守る事が医薬品の効果を期待出来るようになります。

医薬品にはベネフィットだけでなく副作用が生じる事があります。
ミノマイシンの副作用には腹痛や吐き気、食欲不振や胃腸障害、めまい感、発疹や発熱、浮腫やじんましん、光線過敏症などが報告されていると言われています。
気になる症状が起きた時などはミノマイシンを処方した担当医師などへの相談が大切です。

ミノマイシンにはジェネリック医薬品のディバインもありますが、ディバインは個人輸入代行を行っている通販薬局で購入が出来ますし、ジェネリック医薬品になるためミノマイシンよりも安価などの魅力もあります。
元々、ミノマイシンやディバインは抗生物質の一種として開発が行われたものですが、効果効能に期待してニキビ治療にも利用が行われるケースも増えています。